FC2ブログ
>
イチヤクソウ(一薬草)の花
2008/07/12(Sat)
  昨夜からの大雨が上がり、晴れてとても暑くなりました(21.4~30.4℃の真夏日!)。
  森の木陰に点々とイチヤクソウ(イチヤクソウ科)が咲いていました。下向きの白い花々はネオン街の路灯にも見えて、笠に黄色い灯が点り、小動物達の道標になっている様でした。良く見ると笠(花弁)そのものに蜘蛛の巣が張られていましたが、これも街灯風でしたよ。北海道~九州の他、朝鮮、中国東北部等の、低山の明るい広葉樹林等の、やや湿った所に生育する常緑多年草です。青葉山には他に、主に深山に自生し、葉が丸く、白花に赤みがあるマルバノイチヤクソウも確認されています。どちらも最近、何者かの乱掘等に因り激減していて、この森の希少種になりつつあります。盗掘を決して許さず、しっかり護って行きたいものですね・・・ (詳しくは明日の観(視)察会↓で配布の「七月の青葉山」に続く)
 明日(7/13)は定例の観(視)察会↓です。オカトラノオ、バイカツツジ、ハエドクソウ、ノギラン等の花々、花や樹液に集まる昆虫達を観察します。キビタキやホトトギス等の夏鳥達にも出会える事でしょう・・・
イチヤクソウ 飛行機雲 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<七月観(視)察会 | メイン | ヒメコウゾ(姫楮)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/430-81bf8d9e

| メイン |
ゆきかえる