FC2ブログ
>
アオカナブン(青金蚊)
2018/07/28(Sat)
  きょうは、雨が降ったり止んだりでした(21.1~27.1℃/東風)。
   樹液の出る小楢の木に、アオカナブン(コガネムシ科) がいました。銅色のカナブン達に混じって、一際輝く翠玉の光沢は、子供の頃のドキドキを想起させます。北海道〜九州の山地の林内に生息する、体長22-27mmのハナムグリ亜科カナブンの仲間です。成虫は7-8月に出現し、全身に青緑色の光沢をもち、カナブンよりやや細長い体型をしています。山地の樹液に集まりますが、近年は数が減っています。幼虫は、朽木等の腐植物を食べて育ちます。名の由来は、青く金属光沢があり、蚊と同じ位沢山いて、ブンブンと五月蝿いから、等と言われています。青葉山では、樹液の木等で比較的普通に見られます…
アオカナブン 煙い坂
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒシ(菱)の花 | メイン | クルマユリ(車百合) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4312-2c5577bf

| メイン |
ゆきかえる