FC2ブログ
>
フサヒメホウキタケ(房姫箒茸)
2018/08/10(Fri)
  きょうは、午前は晴れて暑くなり、午後゛は一転雨が降ったり止んだりでした。一日曇りでした(22,8~31.8℃/.南東風)。
  赤松の切株に、フサヒメホウキタケ(マツカサタケ科フサヒメホウキタケ属、旧分類ではフサヒメホウキタケ科)が生えていました。最近切られたばかりの大木で、早くもい生命のドラマが繰り広げられている様で、その形の美しさと共に感動しました。夏~秋、全国の林内外の松等針葉樹の倒木・枯木に発生する、高さ約15㎝、幅約15㎝の白色腐朽菌です。多方向に分岐を繰り返し箒状(ホウキタケ型)になり、基部は短い。色は初め淡黄土色から淡赤褐色になり、終期には黒ずみます。肉は白く、柔らかく弾力があり、やや辛味があり、温和臭。乾くと黒変し、異臭がします。食毒不明。青葉山では、枯松等に極普通に見られます・・・
フサヒメホウキタケ 朴葉舟.
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハンミョウ(班猫) | メイン | ミツバ(三葉)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4325-98a294eb

| メイン |
ゆきかえる