FC2ブログ
>
オオアメンボ(大水黽、大水馬、大飴坊)とモクズガニ(藻屑蟹)
2018/08/20(Mon)
  きょうは、大体晴れました(19.2~27.5℃/南南東風)。  
  沢の澱みに、オオアメンボ(アメンボ科)がいました。水面に沢山集まっているので、何気なく覗くと、水底にはモクズガニ(イワガニ科)が仰向けになっていて、皆で静かに送っているかの様でした。北海道~九州の山野の、流れが無いか緩やかな池や沼、田圃、河川等の水面に普通に生息する、19-27mm程の日本最大のアメンボです。5-10月に出現し、水面に浮かびながら、落下した小昆虫を捕らえては体液を吸います。近縁種とは、大きくて、脚が長く、特に中脚が6cm程もあるので、見分けられます。モクズガニは北海道~沖縄の他、サハリン、ロシア沿海地方、朝鮮東岸、台湾等の、川、河口、海岸等に生息する、甲幅7-8cm、体180g程の蟹(甲殻類)です。鋏に柔らかい毛が密生するのが大きな特徴で、体は全体に濃い緑がかった褐色。食性はカワニナ等の貝類、ミミズ、小魚、水生昆虫、両生類等を捕食する他、石等に付着する藻類を鋏で削り取って食べます。成体は、秋に産卵の為に海に下り、半年後に又川を遡ります。青葉山では、沢筋の深み等に潜み、秋の増水時等には、広瀬川の崖下に多数へばり付く姿が見られます・・・
オオアメンボとモクズガニ 森の窪地から
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒヨドリバナ(鵯花) | メイン | ミソハギ(禊萩)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4335-f711e4af

| メイン |
ゆきかえる