FC2ブログ
>
クロイトトンボ(黒糸蜻蛉)
2018/08/23(Thu)
   きょうも晴れて、とても暑くなりました(24.7~34.3℃/南南東風)。
   池に、クロイトトンボ(イトトンボ科)がいました。黒とは言え、背の金と尻尾の海碧が、眼に染みる程鮮やかでした。北海道〜九州の丘陵〜平地の水草の多い池等に生息する、体長27-37mmのイトトンボです。成虫は4-11月に出現し、名の通り全体に黒っぽく(日本産イトトンボの中で最も黒味が強い)、胸部側面と腹部の先が青いのが特徴です。成熟した雄は胸の横が粉をふいたように白くなり、、雌は白粉を装いません。青葉山では、池沼周辺で普通に見られます…
クロイトトンボ 月が出た
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コバギボウシ(小葉擬宝珠) | メイン | ノハラアザミ(野原薊) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4338-33043e5f

| メイン |
ゆきかえる