FC2ブログ
>
アゲハモドキ(擬鳳蝶蛾、揚羽擬蛾)の幼虫
2008/07/15(Tue)
 きょうも晴れて暑い一日でしたが、風があったので昨日より大分涼しく感じました。
 ヤマボウシの木に、アゲハモドキ(アゲハモドキガ科)の幼虫が沢山付いていました。蝋の毛を纏い擬態しているのでしょうが、小さな白龍の様な姿は十分に目立っていて、心配になりました。幼虫がそっくりな者にミツクリハバチがいますが、こちらの食草はハンノキ類なので見分けられます。北海道~九州の山林に生息し、幼虫はミズキ科植物の葉を食べます。午後~夕方に活動する昼行性とされますが、夜間の燈火にも飛来します。名は、有毒なので襲われ難いジャコウアゲハの雌に似ている(擬態している)事に因ります。幼虫がハバチ類に似ているのも、何か擬態の意味があるのでしょうか・・・
アゲハモドキの幼虫 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ノリウツギ(糊空木) | メイン | ゴボウゾウムシ(牛蒡象虫)>>
コメント
- うちでも発見 -
はじめまして。
うちでも昨日見つけまして、なんだろうと調べていたところです。今日、動くのを見て、初めて昆虫(の幼虫)だと確信。調べたところこいつでした。
URLクリックすると、さっき取ったばかりの写真見られます。こっちを振り返った可愛い顔が胸きゅんものです。
2008/08/01 14:32  | URL | たっくん #ZTGLyrdM[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/434-f4ecf9c5

| メイン |
ゆきかえる