FC2ブログ
>
クサハツ(臭初)
2018/09/08(Sat)
  きょうは、雨後曇りました(22.1~24.6℃/西北西風)。
 道沿いに、クサハツ(ベニタケ科ベニタケ属)か生えていました。20㎝近い大きなもので、近寄れば、大杯にはたっぷりとと雨水を貯めていました。北半球温帯に広く分布し、日本では夏~秋に全国の、主にブナ科樹林下に散生~群生する、傘径5~20㎝の中~大型菌根菌です。傘は饅頭形~中央がやや窪む饅頭形~浅い杯形となり、表面は湿時粘性があり、平滑、茶褐色で、表皮は剥げにくく、辺縁の粒条線は顕著。柄は長さ4~8㎝で、中実~中空、表面は白くほぼ平滑で、触ると淡褐色の染みを生じます。 襞は離生やや疎で、乳白~帯黄土白色、傷や古くなると褐色の染みを生じます。肉は白く脆く、辛味があり、不快臭があり、変色性はありません。胞子は広卵形~類球形、粗い疣状突起があります。別名はヘクソハツ、ニギリタケ等。有毒。青葉山では、似たクサハツモドキと共に普通に見られます…
クサハツ 細い道
 明日(9/9)は、定例の観(視)察会↓です。キノコが中心の観察会になりますが、短いコースで野菊や薊、萩等の花々や果実、昆虫、野鳥に動物等自然全般の観察もしましょう! 又いろんな出会いがあるといいですね・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<九月観(視)察会 | メイン | ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)とアシグロツユムシ(脚黒露虫)の幼虫 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4354-7b4bf903

| メイン |
ゆきかえる