FC2ブログ
>
ヤマナメクジ(山蛞蝓)
2018/09/10(Mon)
    きょうは、雨時々曇りました(17.2~19.6℃/北風)。  
   木の幹に、ヤマナメクジ(ナメクジ科)がいました。未だ小さめのものでしたが、霧雨に濡れながら、此方に興味深々そうに顔を上げて、元気に這っていました。本州~九州の山地に生息する、体長130-200mmの巨大なナメクジの仲間です。4-11月に出現し、茶褐色で、黒褐色の縦筋模様があり、山地の樹幹や石の下等で見られます。雌雄同体なので単独でも受精、産卵は可能。環境の良い森を代表する生物の一つで、キノコや、腐葉等を食べて暮します。青葉山でも普通に見られ、中には20cm以上もある大物も見られます・・・
ヤマナメクジ 霞む街
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブツルアズキ(藪蔓小豆) | メイン | 九月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4356-18a3a0a4

| メイン |
ゆきかえる