FC2ブログ
>
メスグロヒョウモン(雌黒豹紋)の雄
2018/09/16(Sun)
 きょうは、晴れ時々曇りました(19.8~27.0℃/南東風)。
   道端のナンブアザミに、メスグロヒョウモン(タテハチョウ科)がいました。名通りの黒字の雌とは異なる、代表的豹紋柄の雄が、破れた翅を動かしながら、健気に花蜜を吸い続けていました。中央アジア東部~中国、アムール、朝鮮等に分布し、日本では北海道~九州の山地~平地の森林周辺部に生息する、前翅長30-40mmのヒョウモンチョウの仲間です。雌雄の翅の模様が全く異なる蝶の代表で、雄は他のヒョウモンチョウと同様の豹柄模様ですが、雌は黒地に白帯模様です。成虫は年1回6-10月に出現し、森の周辺や路傍等で良く見られ、樹木の回りを活発に飛び回って、色々な花で吸蜜します。幼虫の食草はスミレ類で、卵、又は若齢幼虫で越冬します。青葉山では、花蜜を吸う姿が普通に見られます・・・
メスグロヒョウモン♂ 横切る飛行機
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オモダカ(面高・沢瀉)とホソヒメヒラタアブ(細姫扁虻) | メイン | ヤマセミ(山翡翠) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4362-865c8d03

| メイン |
ゆきかえる