FC2ブログ
>
クビキリギス(首螽斯)
2018/09/25(Tue)
   きょうは雨後曇って、晩方には晴間も出ました(15.0~22.6℃/北風)。
  河原の叢に、クビキリギス(キリギリス科)がいました。褐色型でずんぐり見えたので、シブイロカヤキリかと思いましたが、脚がすらりとしていて分かりました。北海道と本州(北限は日本海側が新潟、太平洋側が宮城)~沖縄の他、中国にも分布し、山野の林に隣接する草原等で、イネ科草本の茂み等に生息する、体長55-65㎜のキリギリスの仲間です。体色は緑か褐色で、頭頂が尖り、口の周囲が赤くなります。夜行性で、春~初夏に草本や樹上で「ジーーー」と鳴きます。植物食傾向が強い雑食で、イネ科植物の穂や若芽等の他、昆虫類も食べます。7月中~下旬に孵化した幼虫は、9-10月頃に成虫となってそのまま越冬し、翌年夏まで生き続けます。青葉山では、草原等で普通に見られます・・・
クビキリギス 雨止む
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アケボノソウ(曙草) | メイン | キバネハサミムシ(黄翅鋏虫・黄翅蠼螋)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4372-3676ed66

| メイン |
ゆきかえる