FC2ブログ
>
アケボノソウ(曙草)
2018/09/26(Wed)
  きょうは、大体晴れました(13.7~22.9℃/北風)。
  森の小湿地に、アケボノソウ(リンドウ科センブリ属 )が咲いていました。ジランドールの趣で、枝先に付けた星形の燭を、仄かに灯していました。北海道~九州の他、中国、ヒマラヤ等の、山地の湿地周辺や沢沿い等に生育する高さ60-90㎝の2年草(越年草)です。1年目は根生葉だけのロゼットが現れ、2年目に地上茎を出して花を咲かせます。根出葉は花時にはなく、直立する茎は分枝し4稜線があり、葉は有柄でに5-16㎝、幅2-5㎝で毛はなく3脈が目立ちます。9‐10月、茎頂に白花を多数付け、花冠は5深裂し裂片は長さ10-13㎜、上半に濃緑の細点があり中央部に黄色円形の2腺体があります。萼片は広倒披針形で花冠の約1/3長。蒴果は花冠より少し長く、種子は長さ約0.9㎜で細瘤状突起があります。青葉山では、沢沿いや湿地等に見られます…
アケボノソウ 青葉山の一角.
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<フサタケ(房茸) | メイン | クビキリギス(首螽斯)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4373-5192c118

| メイン |
ゆきかえる