FC2ブログ
>
ナギナタコウジュ(長刀香需)
2018/10/27(Sat)
  きょうは、雨後晴れました(13.6~21.1℃/西北西風)。
  川沿いに、ナギナタコウジュ(シソ科)が咲いていました。しっとりとした紫の刷子を立てて、近寄ると、薄荷紫蘇の香が漂いました。北海道~九州の山野の草地、路傍等に生育する、草丈15-50cmの一年草です。茎は四角くて良く分枝し、精油を含む草全体に強い香気があります。葉は対生し、長さ4-9㎝、幅1-4㎝の卵~狭卵形で、鋸歯があります。9-10月 、枝先に穂状の花序を出し、淡紅紫色で約5mmの唇形小花を多数付けます。名は、花穂が長刀のように片面だけに付く様子と、葉や芳香が中国の薬草コウジュ(香薷・香需)に似ている事に由来します。青葉山では、草地等に普通に見られます・・・
ナギナタコウジュ 大滝
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クマノミズキ(熊野水木)の果柄 | メイン | シラキ(白木)の紅葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4406-b3447abc

| メイン |
ゆきかえる