FC2ブログ
>
ノギラン(芒蘭)
2008/07/21(Mon)
 きょうは曇って、時々雨が降りました(21.0~22.1℃)。
 山道に沿って、ノギラン(キンウカ科)が咲いていました。いつもなら、しかも日を浴びていたりすると、黄金に稔る麦や稲穂を思い浮かべるのですが、きょうは砂漠のサボテンの様に見えました。北海道~九州の、山地の日の当たる湿地周辺や道端等の、やや湿った所に生育する多年生草本です。根生葉はショウジョウバカマにも似て、ロゼット状になります。名は、花弁の先や蕊が突き出た様子を「ノギ(稲や麦の果実の先から出ている長い剛毛状突起)」に譬え、ラン科植物に似ている事に因ります。花穂の形から、キツネノオの別名もあります・・・
ノギラン 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロオビドクガ(白帯毒蛾)の雌 | メイン | ニッポンマイマイ(日本蝸牛)とウスヒラタケ(薄平茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/441-671c04a1

| メイン |
ゆきかえる