FC2ブログ
>
オナシカワゲラ(尾無川螻蛄・襀翅)
2018/10/31(Wed)
  きょうは晴れたり曇ったりで、一時雨が降りました(6.8~14.3℃/西北西風)。
  道沿いの木の幹に、オナシカワゲラ(カワゲラ科)の一種と思われる虫がいました。とても小さい(1㎝弱!)ので、初めは蚊か何かかと思いましたが、カワゲラ、翅で尾が隠れているこの仲間と分かりました。近寄るとちょろちょろと、案外素早く逃げ去りました。全国の山地の渓流域~平地の川沿いに幅広く生息し、淡褐色で頭部は濃褐色の、体長8mm(翅までの全長11mm程))の小型のカワゲラです。幼虫は一年中見られ、8-9㎜に成長する3月~初夏、又は9-10月に羽化します。オナシカワゲラの仲間は日本に30種程いて、識別は難しいといわれます。一般にカワゲラは肉食ですが、この仲間は苔、花蜜等の草食性で、幼虫は枯葉や藻類等を食べます。名は、腹部先の1対の尾が大変短く、前翅に隠れて見えない事に由来します・・・
オナシカワゲラ シラキと夕陽
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キチジョウソウ(吉祥草) | メイン | ツリフネソウハオレタマゴフシ(釣船草・吊舟草葉折卵五倍子)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4410-5c6c3a0a

| メイン |
ゆきかえる