FC2ブログ
>
ゴイシシジミ(碁石小灰蝶)
2008/07/24(Thu)
 きょうは曇って、一時雨が降りました。
 薄の葉の上に、ゴイシシジミ(シジミチョウ科)が止っていました。名の通り、白砂の浜辺に転がる碁石模様にも見えましたが、精悍な顔と機敏な動きは、世界の屋根・パミールを駆ける雪豹の様でもありました。北海道(日高山脈以西)~九州(壱岐、対馬を含む)の、亜高山~低山地に分布します。日本の蝶の中で唯一、幼虫が完全な肉食性で、ササ・タケやススキ等に付くタケノアブラムシ・ササコナフキツノアブラムシ等のアブラムシのみを捕食します。成虫も又、アブラムシ類の分泌液に依存し、母蝶はその集団の中に卵を産みます。日本各地に産地がありますが、特異な食性の為に棲息地は局限されている様ですね・・・
 道端に、弱ったオニヤンマが落ちていました。何があったんでしょう・・・
ゴイシシジミ オニヤンマ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ネジバナ(捩花) | メイン | クルマユリ(車百合)咲き出す >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/444-88801dbf

| メイン |
ゆきかえる