FC2ブログ
>
ルリビタキ(瑠璃鶲)♀
2018/12/10(Mon)
   きょうは、大体晴れました(0.2~5.7℃、北風)。
  道沿いに、ルリビタキ(ツグミ科)がいました。笹藪から、ヒッヒッと声がしたので、暫く息を潜めていると、すーっと近くの梢に飛んで来て、円らな瞳でこちらを観ました。地味な雌でしたが、くるっと後ろを向くと、腰の瑠璃色が眼に沁みました。ユーラシアの亜寒帯やヒマラヤ、日本では北海道、本州、四国の高山で繁殖し、冬期は山麓、丘陵、暖地に移動します。全長14cm。体側面は橙色で、腹面は白く、尾羽は青。雄の成鳥は頭部~上面が青く、幼鳥や雌の成鳥は上面が緑褐色。雄幼鳥は雌成鳥に比べて翼が青みがかり、体側面や尾羽の色味が強くなります。雑食で、昆虫類、節足動物、果実等を食べます。青葉山では、主に笹薮等の藪地で越冬し、群れは作らず、暖かな朝等にはヒッチョロチョロリと囀ります・・・
ルリビタキ♀ 清しい小道
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イイギリ(飯桐)の果実 | メイン | 十二月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4451-f1543b67

| メイン |
ゆきかえる