FC2ブログ
>
ヤブカンゾウ(薮萓草)
2008/07/27(Sun)
 今日は曇って、朝晩には雨が降りました。
土手に沿って、ヤブカンゾウ(ワスレグサ科)が咲いていました。南国の風情があるこの花が咲き始めると、「夏本番」を感じます。有史以前渡来の中国原産と言われ、日本では北海道~九州の、日当たりの良い草地等に生育する多年生草本です。名は、籔(野より人家近くにある事を表す)に生えるカンゾウ(「甘草」とも書き、ほのかな甘みがあるから等)の意です。別名のワスレグサ(忘れ草)は、花を見て憂いを忘れる中国の故事に因んだものの様です。若芽、蕾、花は、山菜として良く食べられます。八重咲きの花弁は、雄蕊と雌蕊が弁化したもの。ニッコウキスゲと同じく、花は一日ちょっとで終わりますが、群落としては八月一杯見られます・・・
ヤブカンゾウ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブレガサ(破れ傘)の花  | メイン | ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/447-3eec50d9

| メイン |
ゆきかえる