FC2ブログ
>
サワシバ(沢柴)の果穂
2018/12/30(Sun)
  きょうは、今朝も数㎝雪が積もり、一日中雪が降ったり止んだりの真冬日でした(-2.5~-0.4℃/西北西風)。
  沢沿いのサワシバ(カバノキ科)に、果穂が付いていました。雪を被って、雪田に立ちiぶほんにょ(稲架)にも見えました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の、山地の沢筋等水分の多い所に良く生育する、高さ10-15m程の落葉小高木です。樹皮は淡緑褐色で菱形の裂目ができます。葉は互生し、葉身は卵~広卵状心形で基部は心形、先は急鋭尖頭で、細かい重鋸歯があります。雌雄同株、雌雄異花で、4-5月、本年枝の先から雌花序が、前年枝から雄花序が垂れ下がります。青葉山では、沢筋等に比較的普通に見られます・・・
サワシバ 雪の一日
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カゼクサ(風草) | メイン | キツネ(狐) の足跡 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4471-29ff626b

| メイン |
ゆきかえる