FC2ブログ
>
カゼクサ(風草)
2018/12/31(Mon)
  きょうは、大体晴れて、時折風花が舞いました(-3.3~5.9℃/西北西風)。
  道端に、カゼクサ(イネ科カゼクサ属)がありました。雪の為か倒れていましたが、その繊細な点々が風に微かに震えていました。北海道南部〜九州の山野の道端等の日当たりの良い場所に生育する、草丈40-90cm-の多年草です。根茎は短く、根は長く強靭で、直立し大きな株状になります。葉は長さ20-40cm、幅5-8mm、堅く線形で、基部に白毛が密生。葉舌は毛状で葉鞘は平滑、縁にのみ毛。8-9月、長さ20-40cmの円錐形花序を出し、直立して紫褐色を帯び光沢があります。小穂は長楕円~披針形で扁平、5-10小花からなり、長さ4-6mm。包穎は挟披針形長さ2-2.5mm、1脈。果実は長楕円形で腹面は窪み、暗褐色で長さ1mm。名は、 花序が微風にも揺れるので風の有無を知る草との意。別名、道芝、風知草等。 青葉山では、路傍等に普通に見られます…
カゼクサ やっと凍ってきた五色沼
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2019年・元旦 | メイン | サワシバ(沢柴)の果穂>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4472-52801b17

| メイン |
ゆきかえる