FC2ブログ
>
2019年・元旦
2019/01/01(Tue)
             初日の出 青葉山からの2019初日の出

             新しい年が、静かに明けました
  昨年青葉山は、東北大学移転工事が一段と進み、学生寮等のビルが林立、それに伴う「熊避け柵」が延々と設置され、生態系の分断は一気に進みました。3月の大雨では、崩壊防止工実施の崖で大崩落が発生して長大なダム湖が出現、長年のオオタカ繁殖地だった東西線竜ノ口橋梁付近の崩壊を始め、私達が再三指摘した通りの危険な状況が顕著になっています。追廻地区の自然も更に破壊され、五色沼や長沼でも希少な自然植生が数多く失われました。7月には竜ノ口源流に沿った巨大な放射光施設の建設が正式決定される等、生態系分断と劣化が一層進み、将来に亘っての自然破壊が益々予感される年ともなりました。
  と言っても、市有林を中心とした、人を寄せ付けぬ「変化に富む地形」や「何処までも連続した"緑の帯"」等の基本要素は健在であり、タンザワサカネラン等に代表される無数の希少種を含む、多くの貴重な”自然”が保たれ、自然を護ろうとする人々の思いも消える事なく、その健在さを再確認できた年でもありました。
  今年も、こんな厳しい状況は続きそうですが、市有林内は勿論、青葉山キャンパス等に残される筈の緑道の完全確保を含めたた、周辺緑地の保護・保全を大学や市に強く求め、この素晴らしい自然を未来に繋ぐ為、何よりも、観察・調査等の地道な活動を日々続けて行きたいものです。
    2019年が、皆さんにとっても、青葉山とここに暮らす全ての生物達にとっても
         素晴らしい年になりますように、心よりお祈り申し上げます
スポンサーサイト



この記事のURL | 元旦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<メジロ(目白) | メイン | カゼクサ(風草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4473-73e73786

| メイン |
ゆきかえる