FC2ブログ
>
オオタカ(大鷹、蒼鷹)
2019/01/03(Thu)
  きょうは、曇り時々晴れました(-0.9~5.3℃/北風)。
  川に、オオタカ(タカ科)がいました。地下鉄東西線工事で永年の営巣地が破壊されて以来、稀にしか見かけなくなった当種、流石に冬場は時折観察できるのですが、きょうは川岸の石の上できょろきょろと、何かとても落ち着かない様子でした。北海道~九州の他、広く北半球の山地~平地の、森等に生息する全長雌56cm、雄50cmの留鳥です。生態系食物連鎖の頂点に立つ猛禽で、鳥類を主に、ウサギやネズミ等も捕食し、時に獲物を追って市街地にも進出。近年の乱開発等により激減し、環境省レッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されています。青葉山では、当地を象徴する猛禽、代表種で、ほぼ毎年繁殖していましたが、市による繁殖地破壊の他、大学移転等の大開発により激減、未だ復活の気配はなく、地域的絶滅が危惧されています…
オオタカ 日陰の藪
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロヤナギ(白柳)の根 | メイン | メジロ(目白)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4475-c8cbdb22

| メイン |
ゆきかえる