FC2ブログ
>
ヤブレガサ(破れ傘)の花 
2008/07/28(Mon)
 夜中の雨も上がって、日中は一時晴れましたが、晩方には又雨が降りました。
 森の道端に、ヤブレガサ(キク科)の花が咲いていました。あばら屋(妖怪の家?)から見上げる、昼間の花火の様でした。名は、葉、特に若い葉が窄めた破れ傘の様になっている事に因ります。勿論、こんな葉の形では傘の役目は果たせませんが、 光合成もしたいけれど、根元にもたっぷり水分・養分を落したいと言う欲張りな戦略なのでしょうね? 本州~九州の、山地の林下等に生育する多年草です。若芽は山菜として食べられますが、毒成分(ピロリチジン系アルカロイド)もあり多食は禁物です。キク科の双子葉類(子葉が二枚)ではありますが、発芽後数年は葉が一枚だけで、大小二枚の本葉を付ける様になると開花し始めます・・・
 近くには、瓢箪の様な虫瘤の出来たヤブレガサもありました。これは、タケウチケブカミバエによるヤブレガサキフクレズイフシと言うのだそうです・・・
ヤブレガサ. ヤブレガサの虫瘤 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツチスガリ(土地蜂・土縋り) | メイン | ヤブカンゾウ(薮萓草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/448-4d520852

| メイン |
ゆきかえる