FC2ブログ
>
ツチスガリ(土地蜂・土縋り)
2008/07/29(Tue)
 きょうは、曇り後晴れました。 
 展望台に、ツチスガリ(ナミツチスガリと思われる/ジガバチ科)の巣がありました。固い土の上に点々と、小さな土の擂鉢が一杯あって、多くの蜂が盛んに出入りしています。中には、穴の土を掘り返している者、捕まえた獲物を穴に引きずり込む者、雌雄が繋がっている者等色々でした。眺めているうちに、この蜂があの「ファーブル昆虫記」に出ていた事を思い出しました。北海道~九州の、山地~平地の日当りの良い草地等に広く分布します。土中に巣を作り、コハナバチ類やゾウムシ類等を捕えて幼虫の餌にし、ヤブガラシ等も訪花します。名は、「土の中に住む蜂(スガリは蜂の古名であり、仙台弁でも同じ)」の意で、「土に縋る様にしている蜂」との説もある様ですね・・・
ツチスガリ 青葉山から見た八幡神社の杜  
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ハエドクソウ(蠅毒草)   | メイン | ヤブレガサ(破れ傘)の花 >>
コメント
- モスカルです☆ -
ジガ蜂の一種を、「ツチスガリ」というのですか~!!
初めて知りました☆☆ 写真をクリックしたら、蜂さんの顔が、ズームで出てきたので、ビックリでしたw
自然が豊かな場所には、いろいろな生き物が生息しているのですね♪
飼い犬チロの写真入りバナーを作りました(^^)♪
ブログにupしましたので、お時間のあるときに、ぜひご覧ください♪ブログにコメントを頂けるとうれしいです☆

2008/07/31 11:52  | URL | モスカル #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/449-5e49e74e

| メイン |
ゆきかえる