FC2ブログ
>
キイボカサタケ(黄疣傘茸)
2007/07/28(Sat)
 きょうも晴れて、暑くなりました(今夏最高の30.7℃)。
 三居沢の上り口に、キイボカサタケ(イッポンシメジ科)が生えていました。小さいながら、〈美味しそう〉にも思える清楚な姿で何本も並んでいました。しかし、これまではアカイボカサタケ、シロイボカサタケと共に食毒不明ともされていましたが、先日(7/23)、このキノコを食べた愛知県東海市の女性が、食中毒で亡くなられました。スギヒラタケの様に、普通に食されていたものが、人によっては有毒で死を招くと言う事は間々あります。口にするものには、十二分に注意したいものですね。名は、黄色くて、傘の中心に疣の様な突起ができる事に因ります・・・
黄疣傘茸

スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ベッコウハゴロモ(鼈甲羽衣)の幼虫 | メイン | クルマユリ(車百合)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/45-9578e358

| メイン |
ゆきかえる