FC2ブログ
>
アトリ(花鶏)
2019/01/28(Mon)
   きょうは、曇り時々晴れました(-1.4~10.1℃/南南西風)。
  草原に、アトリ(アトリ科)がいました。30羽程の群れでしたが、気付いた時はバサバサと周囲の木々に飛び上がり、暫し此方の様子を窺っていましたが、又一斉に飛び立ってぐるぐる回り、空高く山の向こうに消えて行きました。ユーラシア大陸北部で繁殖し、冬は北アフリカ~中央アジア、中国、朝鮮等に渡って越冬します。日本にはシベリアから秋に冬鳥として渡来し、山野で果実、植物種子、昆虫、節足動物等を食べて暮らします。全長16cm程。体色は黄褐色に黒、白が入り、特に胸部の羽毛は橙褐色で目立ちます。雄の夏羽は頭部が黒く、冬羽の頭部は雌雄共に褐色です。日中は小群を作り、夜は集団で休みます。渡来直後や渡去直前に、数千~数万羽の大群を作る事があります。青葉山では、年によって数は変わりますが、冬に群れが普通に見られます・・・
アトリ♂ 水発への道
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<テン(貂)の足跡 | メイン | ミヤマホオジロ(深山頬白)の雄>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4500-8a2197a9

| メイン |
ゆきかえる