FC2ブログ
>
アカシデメフクレフシ(赤四手/赤垂膨五倍子)
2019/02/13(Wed)
  きょうは、大体晴れて、時折風花が舞いました(-3.4~4.5℃/西北西風)。
  道沿いのアカシデ(カバノキ科)に、アカシデメフクレフシが付いていました。この木で良く見るアカシデメムレマツカサフシを探していましたが、今冬は何故か全く無くて、赤く膨れて艶のあるこちらばかりが目立っていて、中には大きく穴の開いたものも観られました。フシダニの一種が、アカシデの芽に寄生して大きく膨らみ、黄褐~赤褐色で、中で育ったフシダニが初夏頃に脱出します。青葉山では、アカシデメムレマツカサフシより稀と思われますが、見逃しているだけかもしれません・・・
アカシデメフクレフシ 澱からの晩景
スポンサーサイト



この記事のURL | 虫瘤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カワアイサ(川秋沙) | メイン | ウメ(梅) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4516-77431d0e

| メイン |
ゆきかえる