FC2ブログ
>
チャミノガ(茶蓑蛾)の蓑虫
2019/02/19(Tue)
  きょうは曇って、晩方に小雨が降りだしました(1.5~10.1℃/西北西風)。
  川沿いの柳に、チャミノガ(ミノガ科)の蓑虫が下がっていました。赤く美しい小枝を綴り合わた丈夫な作りで、冬越しには最高の、素敵なお家に見えました。中国等に分布し、日本では本州~九州の山野に生息する、開張23~26㎜のミノガの仲間です。成虫は6-9月に出現し、体色は黒く褐色毛を密生。翅は暗褐色で、前翅脈上は黒く、外縁に白紋があります。幼虫はミノムシで、究めて多食性。名の由来の茶の他各種樹木に寄生。蓑は周囲に小枝を付け、雌は蓑中で羽化し、産卵後その中で死にます。7-8月に卵から幼虫となり、秋に蓑上端を枝に固着させ、開口部を閉じて越冬し、翌春再び口を開いて摂食し、5月頃蛹化。6-7月に羽化。雄は活発に飛び、蓑に入った雌に到達して交尾。青葉山では、当種の蓑虫が何処でも普通に見られます。尚、日本にはミノガ科の虫が20種以上いますが、一般に「蓑虫」と言われるのはチャミノガとオオミノガの幼虫のみで、オオミノガのものは主に葉から作られ、大きさも2-3倍あります…
蓑虫 広瀬滝付近
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウツギ(空木) の果実 | メイン | キクイタダキ(菊戴) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4522-0f54c7b4

| メイン |
ゆきかえる