FC2ブログ
>
ジュウガツザクラ(十月桜)
2019/03/02(Sat)
 きょうは、大体晴れました(2.9~11.4℃/北西風)。
 森の外れに、ジュウガツザクラ(バラ科)が咲いていました。大分前から咲いていたのでしょうが、ここに有った事さえ、さっぱり知りませんでした。勿論植栽された園芸種ですが、紅を差した愛らしい桜花に、思わず心躍りました。エドヒガンとマメザクラの交雑種と言われるコヒガンザクラの園芸品種で、江戸時代後期から広く栽培されて来ました。樹高5m程。葉は楕円形で、互生。開花期は10~4月で、断続的に小花を咲かせます。花色は白~淡紅色で縁が紅っぽくなり、花径25~35㎜程で、花弁10~20枚。萼筒は紅色の太い壷型で、雌蕊が長く突き出ます。実は核果。青葉山周辺では、人家や公園に植えられています…
ジュウガツザクラ 成田山に沈む夕陽


スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ニワトコ(接骨木、庭常) の花芽 | メイン | カタクリ(片栗)の葉 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4533-0678c960

| メイン |
ゆきかえる