FC2ブログ
>
イワツバメ(岩燕)
2019/04/05(Fri)
  きょうは、晴れ後曇って、夜は小雨が降りました(6.1~21.2℃/西風)。
  川に、イワツバメ(ツバメ科)がいました。何十羽も無数に飛び回っていて、もう春を超えて夏の到来を感じさせました。夏にアフリカ北部やユーラシアで繁殖し、冬にアフリカやインド北部、東南アジアへ南下し越冬します。日本には九州以北に夏鳥として飛来し、山地や海岸の岩場に巣を作り集団営巣します。全長13-15cm。体形は細く、尾羽の切込みは浅いV字状で、上面は光沢ある暗青色。下面は汚白色の羽毛、腰は白い羽毛で覆われます。群れで飛行しながら昆虫類を捕食します。4-8月の年に1-2回、泥と枯草を使って上部に穴の空いた球状の巣を作り、1回3-4個の卵を産みます。嘗ては高山の温泉宿等でしか見られませんでしたが、近年は市街地の橋桁やコンクリート建造物の軒下等に集団営巣する例が増えています。青葉山周辺では、各橋桁等で営巣しています・・・
イワツバメ 化石滝
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオコガネネコノメソウ(大黄金猫目草) | メイン | 薄紅のキクザキイチゲ(菊咲一華)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4569-94c64420

| メイン |
ゆきかえる