FC2ブログ
>
四月観(視)察会
2019/04/14(Sun)
  きょうは良く晴れて、絶好の観(視)察会日和になりました(4.9~16.9℃/南南東風)。近況報告やコース説明等の後、早速出発です。コブシや果実に変わったヤマネコヤナギ、無数に下がるアカシデの雄花、僅かながら咲き出したブナ、土手に無数に立つ土筆等眺め、車道端に咲くエゾタンポポやセイヨウタンポポ、コハコベやカキドオシ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ミチタネツケバナ、イカリソウ等観ながら森に入ります。ズミやトウゴクミツバツツジは花芽を膨らませ、カエデ類等、全ての木々の芽が綻んで山入端を赤らめ、遠くに、白銀の泉ヶ岳が光っています。林内では、今年は暖冬の所為で花は早々と咲き出しましたが、最近の雪や寒さのお陰で、カタクリ等が丁度見頃となっていました。里の桜も満開ですが、山桜も見頃を迎え、特にエドヒガンの大木が薄紅色の花を見せてくれました。大木のオオバクロモジの花々が一斉に開き、沢沿いや北斜面には、赤紫の絨毯を成すカタクリの他、ショウジョウバカマやイワウチワも満開で、アケボノスミレの麗しさにも、皆で感嘆の声を上げました・・・
未だあった雪 エドヒガン カタクリ ショウジョウバカマにうっとり
 他に花では、キブシ、シュンラン、ナガハシスミレ、マキノスミレ、モミジイチゴ、タチツボスミレ、ミヤマウグイスカグラ、セリバオウレン、ツノハシバミ、アサダ、ヒメカンスゲ、オクノカンスゲ、ハウチワカエデ、オオバタネツケバナ等も咲いていました。動物では、カモシカやリス、テン等の痕跡はあちこちに見られるものの、あった筈のトウホクサンショウウオの卵濃が何故か無くなっていました。昆虫は少なかったものの、バス停にいたヒオドシチョウ、沢に複数飛んでいたテングチョウ、車道脇にいたルリタテハ、イカリモンガ等の蝶や蛾、カタクリを吸蜜していた花虻や花蜂、野鳥では、ウグイスやシジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、メジロが良く囀り、アオゲラ、コゲラ、トビ、ヒヨドリ、エナガ、ハシブトガラス、セグロセキレイ、キジバト等を観られました。
  春爛漫の中、今日は地滑り地区でのケーブル新設工事、管理センター入口付近の樹木大量伐採も確認され、私立特別支援学校建設等も予定される等、他の大開発を含めて青葉山を取り巻く状況が益々厳しく、改めて、地道な活動の継続によりこの山の素晴らしさを市民に広く知ってもらうことが何よりも大切と感じました…
アケボノスミレ テングチョウ イワウチワ 解散後に
 来月は新緑の森の中、ルリソウ、ヒメシャガ、ヤマツツジ等の花々や、渡来したばかりの夏鳥達の囀りが見所・聞き所となる事でしょう? では又、5/14(日)にお会いしましょう!
  杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ベニチャワンタケ(紅茶碗茸) | メイン | アケボノスミレ(曙菫) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4578-b18bc158

| メイン |
ゆきかえる