FC2ブログ
>
クズ(葛)の花
2008/08/07(Thu)
きょうは朝から晴れ上がり、猛暑になりました(22.3~33.6℃)。
 森の外れの藪に、クズ(マメ科)の花が咲いていました。その周りは遠くまで、独特な甘い香りが漂っていました。北海道~九州の他、中国、フィリピン、インドネシア等に広く分布する蔓性の多年草です。根からは葛粉が取れますが、良品の為には清水と冬の寒さが必要で、この条件を満たした奈良の吉野葛、富山の宝達葛、宮城の白石葛等が有名です。良く繁茂するので、嫌がられる事もありますが、中国の乾燥地帯の緑化に、一役買ったりもしている様ですね・・・
 合歓の葉の上では、オオスジコガネ(大条黄金虫)が緑や紫に輝いていました。北海道~九州の、平地~山地に広く分布し、成虫は杉、松等針葉樹の葉を食べ、幼虫は土中でその根を食べます・・・
クズ オオスジコガネ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマキマダラヒカゲ(山黄斑日陰) | メイン | キンミズヒキ(金水引)とマイコアカネ(舞妓茜)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/459-3155a056

| メイン |
ゆきかえる