FC2ブログ
>
ヤマキマダラヒカゲ(山黄斑日陰)
2008/08/08(Fri)
 きょうも晴れて、暑い一日でした(22.2~31.3℃)。
 枯れかかった小楢の木に、ヤマキマダラヒカゲ(ジャノメチョウ科)がいました。カナブンやクワガタに負けじと、数頭が盛んに樹液を吸っていました。地味ですが、如何にも日本の山(森)の蝶と言う趣で、親しみが持てます。北海道~九州の、低山地~亜高山帯の雑木林の周辺等で普通に見られます。ジャノメチョウの仲間ですから、翅の裏側には蛇の目模様が並んでいます。表側は、中々翅を開かないので、見られません。幼虫は、チシマザサ、ススキ等イネ科植物を食べます。名は、山で多く見られ、黄色の斑模様があるヒカゲチョウ(陽光を避けて曇天や夕刻に良く飛びまわるから)の意。サトキマダラヒカゲと良く似ていて(以前はキマダラヒカゲと呼ばれていましたが、分類が進み2種に分かれた)、見分けるのが大変です・・・
 樅林下には、コウモリタケ(ニンギョウタケモドキ科)が生えていましたよ・・・
ヤマキマダラヒカゲ コウネリタケとヒグラシ(空蝉). 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アキノキリンソウ(秋の麒麟草) | メイン | クズ(葛)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/460-ecdc0574

| メイン |
ゆきかえる