FC2ブログ
>
シロバナヒメシャガ(白花姫射干、白花姫著莪)
2019/05/22(Wed)
    きょうは、晴れ時々曇りました(13,9~21.6℃/南東風)。
   ヒメシャガ(アヤメ科)の群落の中に、シロバナヒメシャガが咲いていました。緑深くなった森の底に、清らかな佇まいが切なげでした。当種の白花変種なのですが、毎年ここだけに限られ、しかも近辺にはシロバナイカリソウやシロバナタニウツギ、シロバナカタクリ等白花のものが数多く見られるのは、土壌等何か環境に関係しているのかも知れません。ヒメシャガは、北海道南西部~九州北部のやや乾燥した林内等に生育する多年草で、日本固有種。5-6月に、径4cm程の淡紫色の花を咲かせます。仙台を代表する花で、全国的に激減し、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)ですが、当山では、明るい林床等の何処でも普通に見られます・・・
シロバナヒメシャガ 追廻の今
杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハクウンボク(白雲木) | メイン | ギンラン(銀蘭) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4617-4d4796ba

| メイン |
ゆきかえる