FC2ブログ
>
ハナニガナ(花苦菜)
2019/05/31(Fri)
  きょうは、晴れ後曇って、晩方から雨が降りました(15.4~24.7℃/北西風)。
  道沿いに、ハナニガナ(キク科)が咲いていました。一つ一つは小さく目立たない花ですが、所々に群落を作り、繋がり、黄色い帯となって続く様は、古の陸奥山の金河を想わせました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、モンゴル等の、山野の日当たりの良い場所に生育する、茎高40-70cmの多年草です。茎茎葉の基部には毛状の鋸歯があり、耳状になって茎を抱きます。茎は上部で枝分かれし、5-7月、その先に散房状に頭花を付けます。頭花はニガナより大きく2㎝程あり、花弁が7-11個あります。花弁が5枚のニガナの変種であるシロバナニガナの黄色種とされます。名は、花が目立つニガナ(苦菜=葉や茎から出る乳液が苦い菜)の意。別名のオオバナニガナは、ニガナより花が大きく見える事に由来。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
ハナニガナ 賢渕
杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エゴノキ(売子木・斉ご木)とキムネクマバチ (黄胸熊蜂) | メイン | カザグルマ(風車)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4625-ce95124e

| メイン |
ゆきかえる