FC2ブログ
>
アカガネサルハムシ(赤銅猿金花虫)
2019/06/02(Sun)
 きょうは、晴れ時々曇りました(14.9~25.9℃/南南東風)。
 ノブドウ(ブトウ科)等が絡まる藪のムベ(アケビ科)に、アカガネサルハムシ(ハムシ科サルハムシ亜科)がいました。遠くからもきらりと光る宝石の様な輝きに、魅了されるばかりでした。中国、東シベリア等に分布し、北海道〜沖縄の、山野の林縁、畑などに生息する、体長7mm程の美しいハムシです。成虫は5-8月に出現し、上翅は赤銅色で、他は金緑色に輝きます。唯、地理的変異があって体色も異なります。成虫は、ブドウ、エビヅル、トサミズキ、ハッカ等の葉を食等べ、幼虫は地中で植物の根を食べます。成長の早いものは当年内に羽化し、成虫越冬します。 昼行性で、活動時には音や震動に敏感で、すぐに落下して擬死を示します。 ブドウの害虫として知られ、、デラウェアやキャンベル等で多くの被害が出ます。青葉山では、エビヅル等の葉に見られます・・・
アカガネサルハムシ 絣雲
杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キンラン(金蘭) | メイン | エゴノキ(売子木・斉ご木)とキムネクマバチ (黄胸熊蜂)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4627-c76cb881

| メイン |
ゆきかえる