FC2ブログ
>
オオヒラタシデムシ(大扁死出虫/大扁埋葬虫)
2008/08/11(Mon)
 きょうは、曇り時々晴れました。
 道端に、オオヒラタシデムシ(シデムシ科)がいました。雌と雄が仲良く愛を囁いていましたが、良く見れば、青灰色がかった黒い体は、美しく粋な衣裳に感じました。北海道~九州の、山地~平地に普通に見られる大型のシデムシです。生き物の死体を食べる掃除屋で、地表で暮らし、ゴミ溜めにも集まります。名は、大きく扁平で、死体があると出てくるので「死出虫」(死体を土に埋め込む習性を持つ者もあるので、「埋葬虫」と漢字表記する事もある)と付けられました。動物の死骸や糞等を食べる昆虫の仲間は、どうしても嫌われ勝ちですが、そうした物を分解し自然界に還元すると言う、非常に重要な役割を担っています。シデムシの仲間や、昨日も沢山出会ったセンチコガネ達も、森の豊かさのバロメーターで、青葉山の様に、その種類や数が多い森程豊かな環境だと言えます・・・
 三居沢の上り口には、まだキハギが咲き残っていましたよ・・・
オオヒラタシデムシ キハギ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カノツメソウ(鹿爪草) | メイン | 八月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/463-b1496856

| メイン |
ゆきかえる