FC2ブログ
>
ナツハゼ(夏櫨)の花
2019/06/08(Sat)
  きょうは、雨後晴れました(15.9~21,5℃/北北東風)。
  道沿いのナツハゼ(ツツジ科)に、花が咲いていました。若草色の花をほんのり薄紅に染めていましたが、下から覗くと、梅簪の様な愛らしさでした。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の山地の日当りの良い場所に生育する、樹高1-3mの落葉低木です。樹皮は灰褐色で縦に裂け、薄片となって落ちます。葉は単葉で互生し、長さ4-10㎝の葉身は広卵~卵状長楕円形で、両面の葉脈に荒毛が多く、触るとざらつくのが特徴です。5-6月、枝先に総状花序を出し、下向きに多数の花を付けます。花は紅色を帯びた緑白色で、花冠は釣鐘型で長さ4-5mm。秋に、4-6mmの球形の液果を黒熟します。青葉山では、尾根筋等に普通に見られます・・・ 
ナツハゼ 森の十字路
  明日(6/9は観(視)察会↓、スイカズラ、ネジキ、サイハイラン、ゼンテイカ等の花々を愛でつつ、花等に集まる昆虫達、キビタキ、オオルリ、ホトトギス等夏鳥の囀りも楽しみましょう・・・
 尚、解散後の1時頃から、宮教大の環境教育実践研究センター(2階)にて、↓下記展示会の打ち合わせをします。写真等出品希望の方、会期中等お手伝いして頂ける方の参加をお願いします
杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!!

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
  
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<六月観(視)察会 | メイン | ゼンテイカ(禅庭花)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4633-6542172f

| メイン |
ゆきかえる