FC2ブログ
>
アカガシ(赤樫)の新芽
2019/06/10(Mon)
  きょうは、曇り時々雨が降りました(12.8~19.9℃/東風)。
 道沿いのアカガシ(ブナ科コナラ属 )に、新芽が出ていました。昨日の観察会でも見れましたが、遠目には手巾木かと見紛う、白花の様な新葉が樹幹一杯に広がり、こんな遅い時季に不思議な空間を醸していました。宮城・新潟〜九州の山地に生育する。高さ20m、直径80cm程になる常緑高木です。樹皮は緑灰黒色で、本年枝には淡褐色の軟毛が密生しますが、翌年には落ち、2年目以降の枝は黒紫色で、円い皮目があります。葉は互生し、長さ7〜15cm、幅3〜5cmの長楕円形で、やや硬い革質。左右は不揃いで、先端は長く尖り、基部は広い楔形で、普通全縁。表面は深緑色で光沢があり、裏面は淡緑色。初めは両面に軟毛が密生しますが、後無毛。葉を乾燥させると赤褐色に変化。雌雄同株。5〜6月、新枝下部から長さ6〜12cmの雄花序を多数垂下し。雄花は雄蕊5〜9。雌花序は新枝上部の葉腋に直立し、雌花が5〜6個付き。雌花柱3。堅果は。長さ2cm程の卵球形。青葉山では、檜林縁等のところどころにみられます・・・
アカガシの若葉 カワウのいる川
杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!!

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
  
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウメガサソウ(梅笠草) | メイン | 六月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4635-931be9f6

| メイン |
ゆきかえる