FC2ブログ
>
ベニヒガサ(紅日傘)
2019/06/23(Sun)
 きょうは、一日曇って一時晴れ間もありましたが、晩方には霧雨になりました(17,1~24.0℃/北風)。
 道端に、ベニヒガサ(ヌメリガサ科)が生えていました。小さく真赤な妖精達が、道行く先々姿を見せていましたが、中には姉妹、兄弟の様に並んでいるのもありました。春~秋に、日本全国の樹林下の地上や苔上、朽木上に点々と発生する小型菌根菌です。傘は饅頭型で時に中央が凹み、粘性を欠き、微細なささくれ状鱗片に覆われ、朱赤色です。襞は疎で、柄に長く垂生し、淡黄~橙黄色で、柄は長さ4~9㎝で中空、傘と同色です。毒成分はないようですが、小さくて「食不適」とされます
ベニヒガサ 展望台から
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キュウリグサ(胡瓜草)  | メイン | ホクリクムヨウラン(北陸無葉蘭) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4648-8bf615e3

| メイン |
ゆきかえる