FC2ブログ
>
カワラナデシコ(河原撫子)
2008/08/15(Fri)
 きょうは曇り後晴れて、暑くなりました(23.9~30.7℃)。
 森の外れの土手に、カワラナデシコ(ナデシコ科)が咲いていました。本州~九州の他、沖縄の久米・渡名喜島や朝鮮、中国等の、日当たりの良い草原や河原等に生育する多年草です。秋の七草の一つで、万葉の頃より多くの歌に詠まれて来ました。名は、河原に生える「ナデシコ(撫し子=可愛い子供の頭を撫でる様子に共通した感情から生れたとの事)」の意で、別名のヤマトナデシコ(大和撫子)は、唐撫子(カラナデシコ)に対する名。古名の「トコナツ」は、都古奈都の意だとか、常夏(花期が長い事に因る)だとか言われている様です。 カーネーションは、この園芸品種です・・・
カワラナデシコ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツリガネニンジン(釣鐘人参) の花 | メイン | オオルリボシヤンマ(大瑠璃星蜻蜓)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/469-1f9f3484

| メイン |
ゆきかえる