FC2ブログ
>
スズバチ(鈴蜂)
2019/09/18(Wed)
  きょうは、一日曇りました(18.7~23.0℃/南東風)。
  道端に、スズバチ(ドロバチ科)がいました。巣の補修なのか? 何なのか? キラキラした砂を集めては、何処かに運んでいる様でした。中国等に広く分布し、日本では本州~九州の山野に生息する、体長20-30㎜のドロバチの仲間です。成虫は7-9月に出現し、地色は黒く、橙黄色の美しい斑紋があり、腹部第一節は細長く、第二節以下が丸く膨れていて鈴を思わせる事が名の由来です。壁等に泥で器用に壺状の巣を作ります。卵はは20-30㎜で、巣(壺)の天井に糸で吊り下げられます。シャクトリムシ等の幼虫を狩って巣に詰め、幼虫の餌とする他、花蜜を餌とします。青葉山では、普通に見られます・・・
スズバチ 牛越の上から.
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤハズハエトリ(矢筈蠅捕蜘蛛) | メイン | ツリフネソウ(釣船草・吊舟草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4739-3ddbe1c1

| メイン |
ゆきかえる