FC2ブログ
>
ウド(独活)の花とムネアカオオアリ(胸赤大蟻)
2019/09/24(Tue)
   きょうは、大体晴れました(19.5~28.3℃/西北西風)。
   道沿の崖に、ウド(ウコギ科)の花が咲いていました。あちこちに白い花火を散らせていて、良く見ると、どの房にムネアカオオアリ(アリ科ヤマアリ亜科)が沢山這い廻っていました。全国の山野に生育する高さ約2-3mの多年草。全体に毛が多く、葉は互生して長柄があり、2回羽状複葉で小葉は5-7枚付く。8-9月、茎上部や葉腋から淡緑色の小花を集めた総状花序を伸ばしまし、秋に、径3mm程の液果を黒熟。青葉山では、崩壊地等に普通に見られます。胸赤大蟻は北海道〜九州の山地〜平地の主に林内に生息する、体長7-12mm(働きアリ/女王アリは2cm弱)の大型蟻で、クロオオアリと共に日本最大。成虫は5-10月に出現し黒く、胸部と腹部上部が赤褐色。朽木内部や木の根元等に巣を作る。青葉山ではみちばたなどでふつうにみられます・・・
ヤマウドとムネアカオオアリ_虹の出た後

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クサボタン(草牡丹)の花 | メイン | ヤマハッカ(山薄荷) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4745-9e85029f

| メイン |
ゆきかえる