FC2ブログ
>
キツネノカミソリ(狐の剃刀)
2008/08/22(Fri)
 きょうは曇って、晩方からは霧雨になりました。
 林縁に、キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)が咲いていました。緑の中に丹色の花達が垣間見える様は、名からも連想される狐達が、草叢からこちらを覗いてでもいるかの様でした。本州~九州の他、朝鮮、中国等の、明るい林床や林縁等に自生する多年草で、北海道にも移植されたものが野生化しています。早春に水仙の様な葉を出しますが、夏には一旦葉を落し、お盆の頃に今度は茎を伸ばして花を咲かせます。ヒガンバナと同様に、有毒植物です。名は、葉の形がカミソリに似ている事に因る様です・・・
キツネノカミソリ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒) | メイン | 植物標本作りは必要か?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/475-157a3aea

| メイン |
ゆきかえる