FC2ブログ
>
クロスズメバチ(黒雀蜂)
2019/10/09(Wed)
  きょうは、良く晴れました(15.9-22.3℃/西風)
  コナラの樹液に、クロスズメバチ(スズメバチ科スズメバチ亜科)がいました。珍しく何頭もいて、御八つ時か?、美味しそうに啜っていました。北海道〜九州の山野に生息し、成虫は3-11月に出現し、黒地に白帯模様がある体長10-18mm(女王蜂15-18mm,働蜂10-12mm)の小型の雀蜂です。俗称のジバチ(地蜂)の名通り地中(や人家壁間等)に営巣し、ガ類の幼虫を襲って食べる他、様々な昆虫、クモ類を狩り,哺乳類の死体等にも飛来し、自巣の幼虫を食用とする事がある等,餌の範囲は非常に広い。その幼虫や蛹は「蜂の子」として珍重され、味はスズメバチ類中随一とされます。日本産スズメバチ類中で最大の営巣規模を有し,育室数は10000を越える事もあります。青葉山では、営巣の様子が屡々みられます・・・
クロスズメバチ 青空
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ユウガギク(柚香菊) | メイン |  ヤマガラ(山雀)とエゴノキ(売子木・斉ご木)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4761-992dad11

| メイン |
ゆきかえる