FC2ブログ
>
リンドウ(竜胆)
2019/10/21(Mon)
  きょうは、晴れ後曇りました(10.3~19.4℃/東南東風)。
   藪陰に、リンドウ(リンドウ科)が咲いていました。竜胆と言うより桔梗に近い青紫の花が、薄暗い森を明るく輝かせていました。本州~九州の山野の湿った草地や林縁に生育する、高さ20-80cm程の多年草です。葉は、対生し細長く、縁がざらつきます。9-11月、釣鐘型の青紫色、時に白や薄紫の花を、茎先に上向きに多数咲かせ、晴天時のみ開きます。花冠は長さ4-5㎝、先端が5裂し、内面に茶褐色の斑点があります。古名はえやみぐさ(疫病草、瘧草)。開発等により減少し、県レッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されています。青葉山では、林縁等の所々で見られます・・・
リンドウ 未だ緑
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤサガタアシナガグモ(優形脚長蜘蛛) | メイン | モズ(百舌/鵙)の高鳴き>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4773-8df2221f

| メイン |
ゆきかえる