FC2ブログ
>
クズ(葛)
2007/07/31(Tue)
きょうは、一日晴れました。
林縁の藪の隙間を覆うように、クズ(マメ科)の花が咲初めていました。周囲には赤葡萄酒のような悩ましい香りが漂っていましたよ。名は、嘗て奈良の国栖(くず)が葛粉の山地であった事に因るとか。根から取れる澱粉は、葛根湯にもなりますし、茎の繊維からは葛布も作られます。又、葛の繁茂地は姫蛍の生息地ともなり、秋の七草の一つとしても親しまれていた筈なのに、最近は「蔓延る」と言うだけで、何故か嫌われ者なんですよね。どんな生物にもそれぞれ大切な役割があると思うのですけれど・・・
葛

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマジノホトトギス(山路杜鵑草) | メイン | ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/48-ea8db787

| メイン |
ゆきかえる