FC2ブログ
>
ヤブマオ (籔苧麻・籔真麻)
2008/08/27(Wed)
 きょうは久し振りに晴れて、一週間振りの夏日になりました(19.4~26.7℃)。
 道端に、ヤブマオ(イラクサ科)が咲いていました。深海の海百合を想わせる花穂が、陽を浴びた途端に輝き出して、銀の首飾りにでも変わった様でした。北海道~九州の、山地~平地の林縁や草地等に普通に生育する多年草です。名は、藪地に生えるカラムシ(苧麻、苧、茎蒸、別名マオ、クサマオ)の意。花は7~10月に見られ、茎上部の葉腋から尾状に花軸が伸びます。雌雄同株で、雄花序は葉腋の下方に、雌花序は上方に付きます。大きな葉は毛が多く、楕円~卵形で先が尖ります・・・
 道端のオオハンゴンソウには、トラマルハナバチが来ていましたよ・・・
ヤブマオ オオハンゴンソウとトラマルハナバチ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブハギ(薮萩)とアシグロツユムシ(脚黒露虫)の幼虫 | メイン | ヘリグロツユムシ(縁黒露虫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/480-8bb5b244

| メイン |
ゆきかえる