FC2ブログ
>
セリ(芹)
2008/08/29(Fri)
 きょうは、雨の後に晴れましたが、夜には又雷雨になりました。
 森の湿地にセリ(セリ科)の花が咲いていました。雨の下、大粒の涙を溜めて、薄暗い森に白花が浮き立っていました。葉っぱを齧ると、何時も食べている馴染の香りが広がりました。日本全国の他、中国、東南アジア等ユーラシア一帯とオーストラリ等の、湿地や休耕田等に生育する湿性多年草です。名の由来は、「セリ(競り)」合って生えるから、迫りあって生えるので「セマリ(迫り)」が転訛、食べると「セリセリ」音がするから、アイヌ語(seri)からの借用等、諸説ある様です。春の七草の一つです・・・
  晩方には青葉城址の上に、久し振りの青空が広がりましたよ・・・
セリ 午後五時半頃の青空 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒメジャノメ(姫蛇目) | メイン | ヤブハギ(薮萩)とアシグロツユムシ(脚黒露虫)の幼虫>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/483-313465fe

| メイン |
ゆきかえる