FC2ブログ
>
ヒメジャノメ(姫蛇目)
2008/08/30(Sat)
 きょうは曇って、午後には雨が降りました。
 林縁の草原で、ヒメジャノメ(・ジャノメチョウ科)の雌雄が交尾していました。どっちがどっちかは分りませんでしたが、二つ合わさると、小熊の顔の様に見えました。日本の他、朝鮮、中国中南部、ベトナム、タイ、ミャンマー等に分布し、日本亜種は、北海道渡島半島~九州(対馬、屋久島、種子島を含む)の、山地~平地の明るい林に生息します。コジャノメに良く似ていますが、翅裏の白帯が真直ぐに入ります(コジャノメはやや弧を描き、少し紫っぽい)。幼虫は、アズマネザサ、チヂミザサ、ススキ等のイネ科植物を食草にして、幼虫のまま越冬し、翌年蛹になります。花密を吸う事は少なく、腐果や獣糞等に集まる傾向が強いと言われます。名は、可愛いジャノメチョウ(翅裏に蛇の目模様のある蝶)の意・・・
 沢にはマタタビの、虫瘤になった果実(強心、利尿等に効能があると言う)が落ちていましたよ・・・
交尾中のヒメジャノメ マタタビの虫入りの実 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シャクジョウソウ(錫杖草) | メイン | セリ(芹)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/484-941e9ea3

| メイン |
ゆきかえる