FC2ブログ
>
イイギリ(飯桐)の果実とヒヨドリ(鵯)
2020/01/02(Thu)
   きょうは、大体晴れました(2.5~.7.4℃/北西風)。
   林縁のイイギリ (ヤナギ科)に、実が生っていました。何か全体に揺れていると思ったら、何羽ものヒヨドリ(ヒヨドリ科)が止まって。賑やかに啄んでいました。本州~沖縄の他、朝鮮、中国等の山地の谷筋等に生育する高さ15-20mの落葉高木。雌雄異株。幅広い葉は互生して枝先に束性。4-5月頃、雄花も雌花も黄緑色の円錐花序を出して下垂。10-11月頃、径1cm程の丸い果実を赤熟。青葉山では、各所に高木が見られます。鵯は、日本全国の他、中国南部等の、山地~平地の林や市街地にも生息する留鳥、又は漂鳥。全長27.5㎝、翼開長40㎝程。雌雄同色。頭~胴は灰色の羽毛に覆われ、頬に茶褐色部あり、頭頂は冠羽状。雑食で、昆虫類、両生類、爬虫類から木実、花蜜、花弁、花芽、野菜の葉まで様々なものを採食。秋に大群を作る。青葉山では、一年中いる留鳥、北方や奥山からの越冬鳥、春秋の通過鳥の三種類が見られます・・・
イイギリとヒヨドリ イイギリ
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ジャノヒゲ(蛇の髭)の果実 | メイン | 初日の出>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4846-f27f1921

| メイン |
ゆきかえる